HOME  >  お客様の声  >  山形県 O様

今回ここでご紹介できる事になった、消費者さん達の経験されたエピソードの数々。まず何より協力してくださった皆さんに心から感謝です。 協力して下さったみなさんは 「どんな事でも気軽に相談や質問をしてくれる人が、一人でも増えたら。」そんな気持ちで、誰にも言いたく無い事、言わなくていいことを、正直に語ってくださっています。

お客様の声09

無謀な買い物をしようとしていたことに気付かされた、「どうしても今住宅が欲しい?」という大田さんの率直な質問に感謝。

山形県 O様(30代)【現在のお住まい:持ち家 築2年/家族構成:大人2人 子ども2人】

二人目の子供が出来、当時住んでいた賃貸アパートも手狭になってきたという理由で、住宅購入を考え始めましたが、何からやればいいのか分らず、とりあえず夫婦で住宅展示場へ行きました。
目をギラギラさせた営業マン達が、根掘り葉掘り聞いてくるのにうんざりし、みんな言うことはバラバラで、何が本当で、何が重要なのか、当時の私には判断もつかず、こんな状態で住宅購入するのは無謀なのかと感じました。
ある大手ハウスメーカーで、どれくらい銀行からお金が借りれるかプランしてくれるということで、提携先なのか分かりませんが、ファイナンシャルプランナーを紹介され、ライフプランから予算を出してもらいました。
その予算を聞き、夫婦で「こんなに借りて返せるのか?」と顔を見合わせたのを覚えています。家に帰っても、計算された金額は、とても私達に返済できそうに思えず、さ~これからどうしようと、しばらく動けなくなりました。

「こんなに借りて返せるのか?」不安でしばらく動けなくなりました

それから数社の建築会社を回り、ファイナンシャルプランナーから聞いた金額よりも遥かに低い金額で建売住宅を見に回るようになり、その中の一つに、立地も利便性もよく、妻が希望していた子供の校区内でもあることから購入を決めました。
契約を交わして、住宅ローンの審査申込みをして、しばらくしたら担当者から連絡があり、私が団体信用生命保険に加入できないということでした。加入できない理由は、私自身が数年前に精神疾患を患ったからです。しかし、担当者は「黙っていれば分からないので」という説明をしてきました。
私は不安になり、インターネットで調べていたら大田さんのホームページの気になる情報欄というサイトの中に、団体信用生命保険の事や、精神疾患のことについて書かれてあるのを見つけ、すぐにメールで相談しました。

契約後に団体信用生命保険に加入できないと知り、さらに不安に…

大田さんからは「団信に虚偽をして入っても意味がないこと。」「住宅は焦って買うものではないこと。」「将来的に購入できること。」をアドバイスされましたが、気持ちは落ち込みました。
多分そんな私に大田さんは気付いたのだと思います。「大阪に来て!」と言われましたが、見ず知らずの人に、こんな話の為にわざわざ大阪までと思いましたが、僕の直感でしょうか、大阪に行けば気持ちが晴れそうな気がして、住宅計画セミナーのDVDを観た1ヵ月後に大田さんのオフィスに伺いました。
ご自身でもおっしゃっていますが、ホームページの写真で想像した大田さんと、実際に会った印象は全然違っていて、怒られるかもしれませんが、とてもカジュアルで男気のある人でした。
妻も一緒に伺ったのですが、大田さんが私達に最初に言ったのは「どうしても今、住宅が欲しい?」という質問でした。もちろん私達の返事は「今じゃなくてもいいです。」 大田さんの次の質問は、「なら、いつ欲しい?」でしたが、答えられませんでした。多分、そう遠くない将来と曖昧な返事をしたと思います。

住宅計画セミナーのDVDを観て、大田さんのオフィスへ 曖昧にしか回答できない自分に気付く

その後も、大田さんからは住宅購入したい理由を、機関銃の様に質問されましたが、どれも曖昧な返事しかできず、最後に「じゃ~答えを見つける為に、計画からやればいい。」と言われ、納得させられました。
住宅計画の方法を教えてもらいましたが、考えているはずの事を、全く考えて無かったことに気付かされ、無謀な買い物をしようとしてたことを反省しました。
精神疾患を患っていても、完治してから数年経過すれば団体信用保険に入れる事も教えてもらい、それまでの2年間の計画づくりの工程を教えてもらいました。その間、預金をできるだけするようにと、預金目標まで設定されたのですが、今考えるとその時にした預金が本当に助かりました。言われてなかったら、無意識に遣って消えていたお金だと思います。

考えているはずの事を全く考えていなかった

他にも大田さんのアドバイスはありました。私達家族ならではだと思いますが、「日々家族が、笑って楽しく暮らす努力をしなさい!」このアドバイスに、誰よりも妻が努力してくれた様に思います。もう二度と精神疾患を患うことは無いような気がしています。
普通ならあっという間に作成する住宅計画だそうですが、私達は2年かけて作ったので、それを渡した数社の建築会社の態度を見るのは面白かったし、自分達に合った業者を選ぶ目安にもなったので、この時間も僕たちにとっては収穫でした。

時間をかけて作成した住宅計画をもって、建築会社へ 自分達にあ合った業者を選ぶ目安に

晴れて、住宅購入を進められる時期になって大田さんに連絡したら、「土地探しする前に、ローンの仮審査だけ受けておくように。」言われました。大田さんは、土地探しを始めると夢が膨らむから、後で嫌な報告を聞くより、最初に確認を取っておきなさいというのが理由でした。恐々でしたが仮審査の結果は、借り入れできるというもので、大学の合格発表の時よりも嬉しかったです。
土地選びの時は、15物件くらいの情報をメールで大田さんに送って相談したこともありますが、説明を聞くたびに土地選びのポイントが見えてきました。それに「まだ見に行ってはダメよ!」何度も制止してもらいました。大田さんの制止を聞かずに見に行ってたら、迷って買えなかったかもです。

大田さんに聞くたびにポイントがわかるように

3社の建築会社と同時に打ち合わせを進めて、どこか1社に絞り込もうと思っていましたが、何度と無く大田さんには相談しました。「好きにすればいい」と言われた事もあれば、「こだわり過ぎ!」と怒られたこともあります。「技術職の人は、どうしても数値やデータに安心を覚えるのよねー。」と言われた時は、さすがに技術職だった僕にはグサッとくるものがありましたが、大田さんにはお見通しのようでした。
もし昔、ハウスメーカーが用意したファイナンシャルプランナーの算出した予算で家を買ってたら...建売住宅を買ってたら...虚偽をして団信に入ってローンを組んでいたら...そんなことを考えると恐ろしくなりますが、今は本当によかったと思います。

いま、住宅に関して悩んでいる方へ

納得した住宅を建て、日々満足!

僕と同じような問題を抱えている人が多いと聞きます。買えないと分ると一生買えないんじゃないかと不安になると思います。どうしても欲しくなる人もいるかもしれません。
少なからず私達家族は、将来の借金の不安もなく、自分で納得した住宅を建て、満足に日々生活することができています。そういう住宅購入があることを一人でも多くの人に経験して欲しいです。

このページの先頭へ